ゴールはなくとも、取り組み続けることが目標。まさに継続は力なりです。

staff01_main02

 

大学生活は横浜で4年間過ごしました。
当時、ホテルの最上階のバーでアルバイトをしていたのですが、その窓から、いつもエスカイヤクラブ横浜店の看板が見えており、知人の話から飲食業界の名門ということを聞いていました。 ちょうど就職活動中だったことも重なり、興味を持ったのがはじまりです。 もともとバーテンダーをしていくなかで、接客業が好きになり、いつか自分のお店を持ちたい!と思っていました。 ダイワエクシードは長い歴史を守りつつ、時代の変化に合わせた変化を続けてきた会社ですので、チャレンジする姿勢を評価してくれます。ここでなら大好きな接客と店舗経営のノウハウも学べると思ったのが入社のきっかけでした。

エスカイヤクラブ  難波店 店長 吉永 有佑

エスカイヤクラブ 難波店 店長
吉永 有佑

私は一番の苦労も喜びも、このエスカイヤクラブにあります。
入社一年目にエスカイヤクラブの副店長として配属された時は、会員制特有のルールやマナーを覚える事にとにかく必死で、ミスや失敗も多くありました。ですが、当時の上司は厳しくも真摯に私に向き合ってくれ、エスカイヤクラブで働く魅力ややりがいを教えて下さいました。
またある時は、会員様に代わって支払いをしたいとお連れ様に急かされたこともありました。エスカイヤクラブは会員制のため、お会計は全て会員様がされることになっています。(お連れ様がお会計をされる際は会員様の許可がいります。) その時は、対応に戸惑いもありましたが、上司の教えを守り、一度会員様のもとへ確認を取りにいきました。 そこで、会員様より「よく言いにきてくれたね。連れに払わせるわけにはいかない。君は私の顔を立ててくれたね。」とおっしゃって頂くことができました。今となれば些細な出来事ですが、当時の私にとってはエスカイヤクラブに努める者として、やっと一人前の仕事ができたと思える喜ばしい瞬間でした。 その会員様との繋がりは今でも続いており、私が転勤する度に「今度は君の顔を立てにきたよ。」と、わざわざご来店頂いています。 なにより当時の未熟な私に真剣に向き合い、お客様との信頼へと繋がる指導をしてくれた上司への感謝の気持ちは今でも胸に刻まれております。私はこれからも人との繋がりを大切にしていきたいと思っています。現在はエスカイヤクラブの店長をしております。
副店長時代と比べると、店長の方がよりお客様と接する機会が多いことに気付かされます。御来店時の挨拶や名刺交換は会員様に顔と名前を覚えて頂けますし、互いの距離感が縮まるので、エスカイヤクラブの店長にとっては特に大切なのです。いまの担当店舗は西日本で一番の大型店のため、従業員数も多く大変ですが、各セクションとコミュニケーションを密に取り、全員がやりがいを持てるお店づくりをしていきたいと思っています。

私が特に力を入れているのはミーティングと教育です。ミーティングではこれからお店でやりたい事や改善点などを話し合い、意思疎通を図ることができるので非常に大切にしています。お店づくりはチームプレーが大事なので、全員が同じ方向を向いて踏み出す一歩がなにより力強いものです。どんなに経験豊富なスーパースターが集まっても、従業員がそれぞれ違う方向を向いてしまってはサービスに一貫性がなく、お客様にもすぐ見抜かれてしまう。個々ではなく、全員が一丸となって取り組むことではじめてお客様にご満足して頂けるサービスを提供することができるのです。
アルバイトスタッフの真剣な考えや、モチベーションの高さにいつも驚かされ、私自身まだまだ学ぶ事もたくさんあります。そして私も上司に教わったように、できる事は全て伝えたいと思っています。同じスタッフと何十年も一緒に働く事はなかなかありませんが、人生のどこかで吉永店長と一緒に働けた事がよかった、エスカイヤクラブで働くことができてよかったと、一瞬でも思って頂けたらこれほど嬉しい事はありません。
ゴールはなくとも、その取り組みを続ける事が目標であり、私のやりがいです。
まさに、継続は力なりです。
どのような料理がお客さまに魅力的なのかスタッフと意見交換をしながら、出品数No.1の料理を目指して頑張っています。